ホントかウソか!?水を飲むと太る!?徹底解説!

よく、「水を飲むと太る…」そんな話を耳にしますよね。

しかし、夏は水分補給を欠かせない季節でもあります。

今は年々気温が上昇していて、水を飲まないとかえって熱中症になる恐れもありますから…。

しかし、「太るから水分はあまり飲みたくない!」という女性も中にはいます。

それは本当か嘘かどちらなのでしょうか。徹底解説致します。

水を飲むと体重は増える!

水を飲むと太る?

確かに水分を摂取すると、一時的に体重は増えます。

それは身体の中に何かをいれているからそうなるのです。

例えばごはんを食べる前に体重を測ります。

水分を摂取したあとに体重を測ると確実に100g以上は増えるでしょう。

しかし、体重が増えただけであり「太った」ということではありません

身体の中は半分以上が水分でできている!

身体には水分が必要

皆さん知っていましたか?

人間の身体は60%以上が水分でできているのです。

人間にとって水分は、必要最低限の栄養素でもあるのですね。

水分が少ないとどうなる?

水分不足

「水を飲むと太る!」と思っている方が過度に水分摂取量を控えてしまうと、血液がドロドロになってしまいます。

血液には色んな栄養素や水分が含まれており、身体の細胞のすみずみまで運ぶ役割をしてくれているのです。

そんな大切な役割を果たす水分が不足してしまうと、血液がドロドロになり循環がうまくいかなくなってしまいます。

そうすると代謝が悪くなってしまったりして痩せにくい体になってしまうのです…。

ダイエットをしたい、痩せたい方にはもったいないことですよね…。

私もあまり水分を摂らない人でしたので色々と勉強をしてからは水分をとるように心がけました。

それだけでもダイエット面でもだいぶ違いましたよ。

水分をとればとるほどいいの!?

水の飲みすぎ

では逆に水分を摂ればとるほどいいのかと言うと、そういうわけではありません。

水分を摂りすぎてしまうと身体の中のナトリウム濃度、つまり塩分が薄くなってしまい、めまいなどを起こす危険性があります!!

特に短時間で6リットル以上の水を飲んでしまうと、神経にも危険を及ぼすこともあるので要注意です。

また、余分な水分はむくみの原因にもつながるので、水分摂取量は調整が必要というわけですね。

一日にどれくらい飲めばいい?

水の量

では、一日の適切な水分量はどのくらいなのでしょうか?

できれば1日に1.5。2リットルの水分を摂取しましょう。

汗はもちろんですが息を吐くだけでも水分は失われていきますので、思っているより多めに飲んでも大丈夫です。

 

これで水分の摂取の大切さがわかっていただけたかと思います。

摂取しないこともよくないですし、過度な摂りすぎにも注意というわけです。

健康的な身体づくりをしつつダイエットをしたいのであれば、1日2リットルを目安にこまめに水分を補給するようにするようにしてみてくださいね。

関連記事

下っ腹

【おすすめレシピあり】引っ込めたい下っ腹!その原因と対策法とは!?

レコーディングノート

レコーディングダイエットって効果あるの? メリットと方法を徹底レビュー!

お酢

食事を少し変えるだけで痩せる!お酢ダイエットの効果とは!

お腹空いた

簡単すぎダイエットの敵・空腹をやっつける『お手軽アイデア』♪

ほっそり脚

女性の天敵!気になる足のむくみ解消方法 ほっそり足を手に入れろ★

ジムで鍛える女性

今更聞けない!ジムでトレーニングするときの方法は?