今更聞けないBBクリームとCCクリームの違い。知らないと肌荒れの原因にも!

BBクリームとCCクリーム

化粧品を常にチェックしている皆さんでしたら、

店頭やインターネットでみるBBクリームとCCクリームどちらも

目にしたことがあるのではないでしょうか?

でも、この二つの違いをわかっている人はそう多くありません。

実は、この使い分けをわかっていないと、肌荒れの原因につながることをご存じでしょうか。

じゃあ、見分けと購入する際はどっちを選べば良いの?

今回は、そんなお困りの皆さんのために、BBクリームとCCクリームの違いについてご紹介いたします♡

まず、これらのクリームが作られたルーツを知っておきましょう。

そうすれば、購入の際にも選びやすくなりますよ。

BB・CCクリームはどのようにして作られたの?

化粧品として使われるようになったきっかけは、昔のドイツが発祥。

BBクリームが、ドイツの地方病院の手術で使われていたのです。

その用途は、肌の修復を促すクリームとしてでした。

患者用のクリームで肌に優しい構成成分で作られていたのです。

この名残が、今のBBクリームの特徴として現れています。

CCは、韓国が発祥で肌にカバーをして綺麗に見せることを目的とし作られました。

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBとCCの選び方

では、この二つの違いと、購入時にはどのように選べば良いのでしょうか。

構成成分には、明らかな違いはなく、これは世界中の有名化粧品ブランドが

これらを販売しており、肌色からセレクションが多様になっているためです。

自分に合うクリームを見つける一番確実な方法は、店頭で試すこと。

実際に肌に塗ってみて、自分の肌色、肌質に合うかを確かめることです。

BBクリーム

BBとは、Blemish Balm(傷用鎮静剤)の略。

よく、BBクリームの上にはパウダーファンデーションなどを重ねる人が多くいますね。

CCクリームとは反対で、カバー力はCCよりは少ないです。

このカバー力を補強するために、パウダーファンデを塗る人が多いのです。

肌荒れがひどく、あまり肌に負担をかけずに治したい方には、BBクリームをお勧めします。

CCクリーム

CCクリームはColor Correcting(カラー補正)の略。

CCクリームは肌のニキビ、赤み、傷などをカバーできるクリームなのです。

テクシュチャーが厚いのが特徴なので、カバー力が高いということですね。

肌荒れがひどく、治すのに時間がかかるから塗ってカバーしたい方は、CCクリームの使用をお勧めします。

同じブランドでCCとBBクリームがある場合は、肌の調子で判断しましょう♩

さいごに

以上、BBとCCクリームの違いから選び方までご紹介いたしました。

購入するクリームは、肌にあったものであることが大前提。

思わぬ肌トラブルに巻き込まれることも!

そんなことがないように、日頃から使う化粧品が肌のコンディションに合っているか定期的にチェックしましょうね♡

関連記事

ファンデーションを塗る女性

シミはタイプ別に隠す♪ファンデとコンシーラーのベストコンビをご紹介

アイブロウ

メイク直し不要♪眉毛が1日中キープできる3つの裏技を伝授

くすみメイク

チェックした?『くすみカラーメイク』がとても合わせやすいと話題

マスカラ

5分で完了!朝の時間を節約できる時短メイクアップ術とは

メイクをする女性

その化粧品まだ使ってるの!?メイクツールの使用期限を知っておこう

オーガニックコスメ

オーガニック化粧品が店頭購入より半額以下に!? おすすめネット通販サイト