ちゃんと合ってる? 今更聞けない肌質別ファンデーションの選び方

ファンデーションの選び方

初めての化粧下地選び、ファンデーションって何を選んだらいいかわからない・・・

 

今使っているファンデーション、自分に合っていないかも・・・

 

いろんなタイプのファンデーションを試したいけれど、

どんな種類があるか知りたい!

 

下地であるファンデーションは、メイクの基盤となる重要なアイテムなのです。

 

さらに、肌質に適したタイプのファンデーションを選ばない場合は、

 

「あの子の顔、妙に白くない・・・?」

「なんだか、顔色悪いよ、大丈夫?」

 

ということになりかねません!

 

肌質を見極め、あなたにぴったりのファンデーションを選ぶこと

非常に重要なのです。

 

そんなお困りのあなたに、

 

肌質別にオススメのファンデーションタイプとその特徴

下地を選ぶ際の注意点

 

をご紹介します。

肌質別おすすめファンデーション。

オイリー肌

オイリー肌の方は、

油分の過剰分泌により、顔がテカリがちであるのが特徴。

 

水分は十分に多く、水分が少ない乾燥肌とは正反対の悩みを持つ人が多いのです。

 

そんなオイリー肌さんにオススメのタイプはこちら。

スティックファンデーション

スティックファンデーション
今流行りのオーガニック化粧品なども

このスティックタイプのファンデーションを扱っています。

 

手をファンデーションまみれにせず使えるので、

旅先や忙しい社会人の方に重宝されるアイテムです。

 

クリーム成分が少なく

さらっとした使い心地が特徴であることから、

肌にあまりテカリを与えません。

 

もちろん商品により

異なりますが、

一般的にはオイリー肌に適しています。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーション

文字通り粉状のファンデーション。

こちらも大変人気タイプのファンデーションです。

 

クリーム状のファンデーションとは違い、

肌につけるとテカらないことから、

すでに十分に肌に油分がある

オイリー肌に適しています。

 

特に夏は汗をかきますので、

オイリー肌の方は

パウダーを選ぶとテカリを抑えられます

 

逆に言えば、ドライ肌のように

十分な油分が行き渡っていない肌には

さらに乾燥した肌になってしまいますので

あまり適しません。

乾燥肌

乾燥肌とは、

乾燥しており

肌に十分な油分の分泌量が少なく、

水分が少ない肌を指します。

 

肌に潤いがなく乾燥していたり、

肌が白く粉をふいたようになります。

 

そんな乾燥肌の方におすすめのファンデーションはこちら。

クリームファンデーション

 

クリームファンデーション

クリームファンデーションには

油分が十分に配合されており、

皮脂分泌量が低い乾燥肌の弱点を上手にカバーすることができます。

 

また、保湿性に優れており、

水分が不足しがちな乾燥肌には

逃げていく水分を止まらせることができるので

乾燥からくるかゆみや痛みの軽減にもつながりますよ。

混合肌・オイリー肌・乾燥肌

どのタイプにもおすすめな万能ファンデーションはこちら。

リキッドファンデーション

リキッドファンデーション

リキッドタイプのファンデーションは、どのスキンタイプにも合います。

また、最近流行のマット肌はこのリキッドファンデーションで作ることができますよ♪

 

リキッドタイプは

乾燥肌・混合肌・オイリー肌どれにも適するタイプですので、

自分の肌がどのタイプかわからない方、

時と場合によって

肌の状況が変化する方にも最適です。

ファンデーションを選ぶ際の注意点

ファンデーション選びの注意点

肌色に合うファンデーションを選ぶこと

季節に限らず、日焼け対策をして白い肌を保ちたいですよね。

 

しかし、日焼けしやすい体質など、

どうしても紫外線の多い夏になると肌が焼けてしまう人がいます。

 

そんなとき、みなさんはファンデーションをどのように選んでいますか?

 

肌を白く見せたいので自分の肌トーンより

明るめのファンデーションを選んでいますか?

 

それは、綺麗に見せようとして

かえって逆効果になっています。

 

なぜなら、自分の肌トーンより明るめの色を顔に塗るということは、

顔全体の色にアンバランス(非整合)が生まれ、

白浮きと言う現象が起こるからです!

 

肌色は人それぞれに魅力を放っています。

小麦色は健康的で活発に見え魅力的、

白い肌は透明感があって魅力的。

何も無理やり白くする必要はないのです。

 

あなたの肌の魅力を十分にひき出すために

肌色に合うファンデーションを選びましょう。

自分に合ったファンデーションを楽しもう。

いろいろなファンデーション

肌質は人それぞれで、適したファンデーションタイプは異なります。

 

どんな時も、自分に自信を持ちたいですよね

 

魅力的な自分に近づくためにも、

ファンデーション選びは慎重に行いましょう♪

関連記事

BBクリームとCCクリーム

今更聞けないBBクリームとCCクリームの違い。知らないと肌荒れの原因にも!

アイブロウ

メイク直し不要♪眉毛が1日中キープできる3つの裏技を伝授

アイライナー

絶対にブレない♪キレイにアイライナーを引く4つのコツ

ファンデーションを塗る女性

シミはタイプ別に隠す♪ファンデとコンシーラーのベストコンビをご紹介

オーガニックコスメ

オーガニック化粧品が店頭購入より半額以下に!? おすすめネット通販サイト

メイクをする女性

その化粧品まだ使ってるの!?メイクツールの使用期限を知っておこう