これで安心!日焼けによる皮向けやヒリヒリ痛みを収める方法

日焼け対策

待ちに待った夏がやってきます!

マリンスポーツやキャンプなど、アウトドアスポーツを心待ちにしている皆さんも多いでしょう。

時には日焼けで肌が赤くなりヒリヒリする!という方もいるかもしれませんね。

そうなれば、できるだけ早く痛みを取りたいし、欲を言うなら肌の黒みを取りたい・・・

そんなお困りの皆さんに今回は、日焼けによる皮向けやヒリヒリする痛みを取り除き、白い肌を取り戻す方法をご紹介します♡

日焼けによる痛みや肌の赤みを抑える方法

冷たいシャワーを浴びる

シャワー

日焼けをした肌は、赤くなり熱がこもっています。

これは、日差しにより肌がやけどをしていることと同じ症状なのです!

大量に日焼けをすれば皮膚ガンの原因に!

一刻も早く肌を正常な状態に収める必要があります。

まずは、お風呂で冷たいシャワーを浴び、肌にこもっている熱を取り除きましょう。

ビタミンEが含まれている保湿クリームを使用

保湿クリーム

日焼け後、皮むけしそうな肌の表面はカサカサの状態

この状態を放っておけば、皮むけした皮膚から雑菌が入り炎症が起こることも!

これを防ぐためには、肌を保湿することが大切なのです。

特に、アロエの保湿液やアロエの成分が配合されたクリームがオススメ♡

これは、肌への浸透が早く、シミの原因になるメラニン色素を抑えてくれるからです。

体の中から肌の酸化を撃退!日焼け後に効果的な果物3選

ブルーベリー

ブルーベリーのポリフェノールの一種であるアントシアニンという成分が、シミの原因になるメラニンを放出しようとしてくれます。

これにより、日焼けによる肌の酸化や炎症を抑えることができますよ。

トマト

トマト

トマトにはリコピン、カルテノイドという成分が含まれています。

この二つには、肌の老化を防ぐ抗酸化作用があるのです。

さらに、トマトジュースは細胞損傷を和らげる効果があり、日焼けによる皮向けを防いでくれます。

キウイフルーツ

キウイフルーツ

キウイは、ビタミンCが豊富でメラニン色素の過剰生成を抑制し、シミ・そばかす・くすみを予防してくれます♡

さらに、キウイは「食べる点滴」と言われており、点滴に含まれている糖分・カリウム・マグネシウム・カルシウムがバランスよく含まれています。

これらの成分が、熱中症の予防にもなるのです。

 

以上、日焼けによるただれや皮向けを一刻も早く治す方法をご紹介しました!

マリンスポーツや外での運動など、日焼け対策は必須。

日焼けしてしまった後も、しっかりと対策を練り、この夏を乗り切りましょう♡

関連記事

オーガニック

【保存版】もうみんなは使ってる!初めてのオーガニック化粧品選び方ガイド

ビーチの女性

とりあえずSPF50+買うのはNG! 肌に負担をかけない日焼け止めの選び方

美肌GET

女性の一生の悩み「毛穴の黒ずみ」を排除して美肌GETを目指そう

肌断食

有村架純さんも実践中!肌断食とホットヨガの魅力とは?

肌荒れ

今すぐ実践!基本の「肌荒れの防ぎ方」を知って手軽に美肌を手に入れよう

ニキビ

こんなところにも?顔の部分別・ニキビが伝える危険信号とは?