とりあえずSPF50+買うのはNG! 肌に負担をかけない日焼け止めの選び方

ビーチの女性

紫外線の強い夏!

なんとなく効果的と思われるSPF50の日焼け止めを買っていませんか?

それ、肌が悲鳴をあげているかもしれません!

肌ニキビが多くなった・・・

日焼け止めクリームが時間が経つとベタベタになって気持ち悪い・・

これらに心当たりがあれば、今すぐにでも日焼け止めを変えましょう!

日焼け止めを正しく選ぶには、よく聞く「紫外線とSPF」についてきちんと知ることが大切なのです♡

今回は、日焼け止めの肌への負担、紫外線の特徴とSpFの意味、効果までご紹介します!

正しくない日焼け止めを塗ったらどうなるの?肌への負担

日焼け止め

日焼け止めは肌を紫外線から守ってくれるもの。

しかし、日常で使い分けができていないと肌荒れやニキビの原因になるのです!

夏はビーチや水泳で全身に塗る人が多いですね。

正しく選ばないと身体にニキビができるかもしれませんよ。

肌が呼吸できなくなる

SPF数値をが高くなるほど日焼け止め自体に厚みが増します。

肌は汗をかくなど、体から水分を出して体温を調節します。

肌は絶えず呼吸をしているのです!

SPFの高い日焼け止めを塗ることは、

顔に分厚いタオルを長時間密着させるのと同じこと。

呼吸ができなくなり、健康自体にもよくありません。

よく聞くUVAとは?紫外線の種類とその特徴

CMでよく聞くUVAやUVBとは何なのでしょうか?

これは、紫外線の種類の名前です。肌に浸透する到達度が異なるのが特徴です。

UVAとUVBでは、それぞれ肌に与える影響が異なります。

UVA

UVAは肌の深くまで届き、長時間浴びるとDNAが壊されてしまい、壊死した細胞が茶色や黒くなります。

これがほくろができる理由なのです。

ほくろは、日焼けからくる細胞の破壊が原因なのですね。

これが毎年積み重なると、しみや肌の老化の原因になるのです!

UVB

一方、紫外線UVBは肌の表面で留まります。

適切にUVBを浴びると、身体はビタミンBを作り骨が強くなる効果があります。

しかし、浴びすぎると逆効果。

日焼け後に、皮膚が赤くただれた経験はありませんか?

それは、UVBを浴びすぎたために起こる現象なのです。

日常生活で使い分ける必要あり!SPFとは?

SPFとは、正式にはサンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)と呼ばれます。

先ほど紹介したUVBを防ぐためのものです。

では、UVAを防ぐためには?

SPF PA+++などを聞いたことがあるでしょうか?

このPA+の数が、肌の深くまで浸透するUVB波からの肌へのブロックを表しています。

+の数が多いほど、UVAの肌への浸透率を防ぐことができます。

日焼け止めをSPFで選ぶ基準

紫外線から肌を守りたい時間/太陽の下で過ごす時間で選ぶことです

SPFはUVB派をブロックする役割がどれだけ続くかが、SPFの数値で決まるのです。

SPF15は、93%のUVB派をブロックし、2時間半継続します。

SPF30は97%のブロック率を誇り、5時間継続します。

SPF50はブロック率が98%以上で、効果が5時間以上継続します。

ビーチのカップル

スキンケアは一生付き合うもの。

その中でも、日焼け対策はあなたのこの後のお肌に直結するとても重要なことなのです!

いつまでも自信があり若々しくいたいですよね♡

これらの知識を参考にしながら、日差しに負けない健康的な美肌を目指しましょう♡

関連記事

ニキビ

こんなところにも?顔の部分別・ニキビが伝える危険信号とは?

寝不足女子

寝不足女子必見!お手軽・目の下のクマの撃退方法

肌荒れ

今すぐ実践!基本の「肌荒れの防ぎ方」を知って手軽に美肌を手に入れよう

毛穴の汚れもすっきり

頑固な毛穴の汚れがごっそり取れる!一発でつるつる素肌になれる方法5選☆

美肌GET

女性の一生の悩み「毛穴の黒ずみ」を排除して美肌GETを目指そう

寝たままスキンケアする女性

寝ている間にスキンケア!根気いらずのおすすめ美容法3選